敷金をおさらい

契約時に、敷金を支払うことは、すでにお話しています。
今では、敷金のない賃貸物件も多々あるようです。
しかし、礼金と比べれば、単に慣習で生まれたようなお金ではなく、意味のあるお金となっています。
つまり、担保金のようなお金ということです。
担保金とは、退去に関わるお金です。
通常、賃貸物件のオーナーは、入居者が退去すれば、リフォームを行います。
そのための積立金があり、それで支払いを行います。
しかし、ケースによっては、積立金で間に合わないものもあります。
その場合、敷金を充当するようになります。
ただし、それまでの入居者が明らかに損傷を与えたと判明した時であり、なおかつ、経年劣化ではない場合です。
しかも、国土交通省などが公開しているガイドラインの範囲で、明らかに賃借人が修繕すべきというものです。
これを現状回復と言い、賃貸人にも賃借人にも求められていることです。
こういうことから、敷金は戻って来るか来ないのかわからないお金です。
賃貸人と賃借人の間でトラブルになるのは、敷金を巡ってのことです。
最悪の場合、少額訴訟に至ることもあります。
重々理解しておくことが大事でしょう。
なお、敷金を充当した場合、差額があれば、返還されます。
しかし、敷金以上のお金が掛かるようであれば、その分を請求されるようになります。
その場合、詳細な内訳などを求めることが大切になるでしょう。
できれば、退去時などに写真を撮り、その時の状況を自分でも把握しておくことが、重要です。

もっと住まい・賃貸を知ろう!

  • 引越しについてはこちらのWebサイトがオススメです。

Copyright (C)2017賃貸物件契約ガイド〜必ず目を通すべき項目はこれ〜.All rights reserved.