決めたら支払い

新しい住まいを決めたのであれば、支払いがあります。
賃貸であれば、家賃を支払い続けることになりますが、その前に契約のためのお金が必要です。
種々の内訳があり、それらをしっかり理解しておくことが重要であり、賃貸物件探しにも、役に立つかもしれません。
まず、契約費用には、前家賃が必要です。
賃貸においては、通常、前月払いになるため、契約時に前家賃が必要になります。
また、敷金と礼金も必要な場合があります。
現在では、ゼロゼロ物件として、敷金と礼金がないものもあります。
しかし、敷金は担保金のようなものでもあり、ある方が安心であるケースもあります。
この点については、人によりけりかもしれません。
また、仲介手数料もあります。
これは、不動産会社に支払うお金であり、収益の一部となるものです。
不動産会社が仲介業を行っているのも、こういう手数料が発生するからです。
また、火災保険料も必要です。
賃貸の場合、火災などが発生した場合、近隣への損害を発生させてしまいます。
そういう時のためのお金とも言えます。
しかし、火災保険は、火災ばかりでなく、所有物による損害、あるいは、ペットによる損害でも、保険金が出るようになっています。
以上のほか、保証人を設定することが通常ですが、頼めるような人がいなければ、代行会社を利用できます。
審査が必要になりますが、仮に審査に通れば、保証金を支払うようになります。
契約時に払うのが、通常であるようです。

もっと住まい・賃貸を知ろう!

Copyright (C)2017賃貸物件契約ガイド〜必ず目を通すべき項目はこれ〜.All rights reserved.